初めまして、柄巻師 弥仙 平山直弥と申します。
柄巻師とは日本刀の持ち手である柄を制作する職人であり、弥仙とは柄巻の師匠から頂戴した屋号になります。
柄巻の面白さと奥深さに魅了され、日々勉強しながら仕事をさせていただいております。
魅力がたくさんあるこの世界を少しでも知って頂けると幸いです。

経歴
学生時代の武道経験から日本刀の外装に興味を持ち柄巻師の先生に弟子入り。 日本刀に携わる職人として外装の制作、補修に携わる傍ら精力的に実演やイベント等に参加、 日本刀文化の普及に努めている。

受賞歴
日本美術刀剣保存協会主催
現代刀職展(旧外装技術発表会)柄前の部
 2018年度 努力賞
 2020年度 優秀賞
 2021年度 優秀賞